メイン画像

電話回線なしでもOK!インターネット接続はフレッツ光で決まり!

フレッツ光の接続設定について

インターネット接続の設定は基本的に端末ごとに自ら行う必要がありますが、フレッツ光の場合は回線申込の際に設定ガイドという小冊子が配布され、そこに同梱されているCDを使って設定する事が可能です。CDを接続端末に読み込ませると冊子中に描かれた画面に移行するので、順を追ってボタンを押して行く事で設定が可能です。回線の状況等に応じた複数の設定方法が丁寧に解かり易く書かれており、インターネットに関して初心レベルの知識であっても問題無く設定が可能です。またこの際に同時に、診断復旧ツールをダウンロードする事が可能です。この動作についても冊子に記載されており、事後の接続トラブルの対策として利用が可能です。但し、端末にによってはCDを読み込んでもツールが使えないケースがあります。この場合はその旨が画面表示された後に、モデムに搭載されている接続設定の画面へ移行します。そしてこの場合の設定方法はモデムの説明書の方に記載されている為、接続設定時には念の為モデムの説明書も手元に用意しておくと、スムースに行う事が出来ます。

電話回線なしでインターネット接続できる!

一昔前は電話回線を利用したインターネット接続が多かったですが、現在では光ファイバーによるインターネット接続が主流となっています。光ファイバーは非常に通信速度が速く、かつ安定しているので便利で人気です。 しかも電話までできるというメリットもあります。光ファイバーによる電話はひかり電話と呼ばれており、従来の電話と全く同じように使用できます。電話機も従来のものと同じものが使えますし、電話番号も市外局番から個々の番号まで全く同じです。以前は固定電話の電話回線で使用していたインターネットが、現在では逆転して、インターネット回線で電話ができるようになったと考えればわかりやすいです。ひかり電話のメリットは、なんといっても基本料金が非常に安いということです。プランにもよるのですが、基本的には1ヶ月の基本料金は500円前後です。通話料金も安く、従来の電話のように遠距離だと金額が高くなるということはなく、全国一律料金です。もちろんナンバーディスプレイなどのオプションサービスも充実しているので、非常に便利です。 引っ越し先に電話回線がない方や、あらたにひかり電話を導入したい方にはフレッツ光がおすすめですよ。
<参考サイト>電話回線なし インターネット

引っ越しの際のインターネット接続の手続きについて

引越しをする際には多くの手続きが必要です。電気やガスや水道は、もと住んでいた場所での使用停止手続きと、引っ越し先での使用開始手続きをおこなわなければなりません。インターネット接続においても、それは同じです。現在使用している回線やプロバイダを解約して、引っ越し先で別の業者のものを新しく契約することもできますが、基本的には移転手続きをするだけで良いです。


移転手続きは、引っ越しをする2週間ほど前に電話連絡もしくはメール連絡でおこなうことができます。回線契約をしている業者とプロバイダとに引っ越し予定日を知らせると、それぞれで手続きをしてくれます。しかし引っ越し先でインターネット環境が整っていない場合は、移転手続きをするだけではインターネット接続はできません。回線工事をおこなってもらう必要があるのです。回線工事は業者に予約が多く入っている状態であれば1〜2ヶ月先になると言われてしまうこともあるので、早めに予約を入れておく方が良いです。工事予定日が決まれば、そのことをプロバイダにも知らせておくと、工事したその日からインターネット接続が可能になります。